Cantina Arvisionadu

イタリア・サルデーニャ州全体で、わずか20ヘクタールしか栽培されていない幻の土着品種アルヴィジオナードゥ Arvisionadu。サルデーニャの人ですら、そのブドウ品種をを知っているは多くない。 

そのアルヴィジオナードゥ品種を絶滅の危機から守るために、血液学を専門とする医師のピーノ・ムーラス氏が、父親のブドウ畑を譲り受け設立したワイナリー、カンティーナ・アルヴィジオナードゥ Cantina Arvisionadu

オルビアの病院の医局長も務めたピーノ氏 Pino Mulas と同僚のもう一人の医師がオーナーのため、ドクターのワイナリーとも呼ばれる。

サルデーニャ州全体の20ヘクタールのうちの3ヘクタールをカンティーナ・アルヴィジオナードゥ Cantina Arvisionadu が所有する。そのほかの大部分は、自家用のワインを作るための小さなな畑に分散されてり、家族で消費されるため、ほとんど市場に出回ることはない。

 

 

2014年がアルヴィジオナードゥ品種100%のG'Oceano のファーストヴィンテージであるが、ブドウ畑の歴史は長い。

アルヴィジオナードゥ Arvisionadu は、ラテン語の albu-signatu, albu (白い) - signatu (目印をつけた) という意味を持ち、古代ローマ人が美味しいものに目印をつけたことに由来する、古代ローマ人にも愛されたという古い歴史を持つブドウ品種。

 

 

 

ブドウ畑からは、古代ローマ時代の硬貨も見つかった。

また、ワイナリーの近くには、古代ローマ時代から続く、温泉が湧き、bene(良い)、tutti(全て) という意味を持つ、ベネトゥッティ Benetuttiの町の名前は、その温泉の効用に起源をもつともされている。

ワイナリーにほど近い、1162年にカマルドリ会修道士が創設したとされるサン・サトゥルニーノ教会には、その温泉のために病が治ったことを感謝するための奉納品ex voto が多く保管されているという。

さらに、ワイナリーの畑ののすぐそばに、6000年前のものとされるドームス・デ・ヤナスも発見された。そのドームス・デ・ヤナス内には、謎の渦巻き模様が刻み付けられている。

ドームス・デ・ヤナスの刻印といえば、牛の角の形が一般的で、この渦巻き模様はとても珍しい。

 


 

さて、絶滅が危惧されているブドウ品種、そして新しいワイナリーですが、そのワインの実力はといいますと、

G’OCEANO “SENNORE” 2017

5StarWines (Vinitaly2019 90 point)

Decanter 2019 Silver 銀賞受賞

と、G’OCEANO が2017年のDecanterで銅賞を受賞してからもメキメキと実力を伸ばしている。

サルデーニャの白ワインは一般的には早飲みのワインが主流な中、昨年からリリースされたバリックを使った、G’OCEANO “SENNORE” をはじめ、数年寝かせるとさらにおいしくなるワインを目指しているとのこと。

今後がさらに楽しみなワイナリーです。

 

ゴチェアーノ
ドームス・デ・ヤーナスへ行く道。カンティーナ・アルヴィジオナードゥのワインを飲むとこの野生の花が咲き乱れるベネトゥッティ周辺の春の野原を思い起こさせる。

 

オーナーのピーノ・ムーラス氏は、医局長まで務めた医師であり、12年間上院議員も務めた人物なので眼光は鋭いが、想像していたのとは違いとても気さくな方でした。

最初は、ファーストネームで呼んでもよいのか迷い、敬語のLei で話していたが、畑を訪れた際、お昼食べてくー?と聞かれ、暖炉に火をつけはじめ、いきなり炭火でお肉を焼き始めたピーノ氏。

ワイナリーから目と鼻の先の遺跡ドームス・デ・ヤーナスの地下にも、私が降りるかどうか躊躇しているなか、さっと降りて、上からじゃわからないからいらっしゃいと、携帯でライトをつけて6000年前の渦巻き模様を示してくれました。

それにしても、サルデーニャのワイナリーのオーナーの方って、お年を召してもなぜ、あんなに元気一杯なのでしょう?

ステンレスタンクから、直接ワインをグラスに注ぎながら、ピーノ氏もどんどんワインを飲みます。やはり元気の秘訣は長寿のワインをも呼ばれるサルデーニャのワインのおかげかしらとも思いました。

 

カンティーナ アルヴィジオナードゥ
医師であり、医局長や上院議員でもあったピーノ・ムーラ氏。でも気さくな人柄。
カンティーナ アルヴィジオナードゥ
サルデーニャの田舎にいると、何千年も前に住んでいた人々も同じ景色をみていたのではないかと錯覚させられる。 私たちは、その中のほんのわずかな数十年間を数千年間かわらない風景のなか、ちょこっと存在させてもらっているだけなのではないかと。